公務員試験での歴史対策と勉強

歴史対策と並行し全体の時間配分も考えたことが合格に繋がった

公務員試験では広く所々深く学ばないと難しい得意な歴史の分野で確実に点数を取るために勉強歴史対策と並行し全体の時間配分も考えたことが合格に繋がった

簡単な問題であれば速攻で片付けられる分野だけに、落とすともったいないところでもあったわけです。
そのため、出来る限り迅速かつ確実に回答が出来るようにし、さらに他の分野との時間配分を考えるような努力もしました。
特に過去問題では歴史対策と合わせて時間配分を考えながら解く工夫を行うようにしたり、試行錯誤の日々でした。
歴史問題は自分にとって絶対に落としてはいけないという分野だけに、この分野で確実な得点を得られるようにしたわけですが、時間配分をうまく考えながら解く工夫もしたおかげで苦手分野の数的推理などにも時間を多めに配分することが出来ました。
この結果、落とさなくてもいい点数をしっかりと得られるようになったため、より多くの点数を稼げるようになっていき、合格を勝ち得たものです。
歴史対策だけではなく、総合的な時間配分として考えていくことで、他の部分で確実に点数が稼げるようになったことが、合格の要因の1つになったと思います。